研修申し込み

「土がきれいになったら、世界が平和になる」というのが私の信条です。
自然農法の大きな特質は、「無肥料」と「自家採種」です。無肥料で作物が立派に育つという事実は、単に安全でおいしい作物を生み出すというだけでな く、もっと大きなメッセージを含んでいます。そして、自然農法の最大のテーマは「生命」です。それは、単なる栽培方法ではなく、「生き方」であり、「生命のお勉強」でもあります。無肥料、無農薬での栽培や、自家採種で種を繋いでいくことによって、「生命」への理解を深める事が出来ます。

大自然に寄り添って生きていく。そんな暮らしの中に、私は大きな喜びを感じながら農業をしています。
「自分の土を持つ 自分の種を採る」という本来の人間らしい生き方が広がれば、世界はどんなに豊かになるでしょう。

大自然は、無数の生命に満ち溢れた多様性の世界ですが、それぞれが相互に関連し合って見事に機能しています。「私たちは個々でありながら、ひとまと まりの生命体である」という事実を、自然農法を通して実感しています。大自然に真剣に向き合うことによって得られるこの幸福感を、多くの方々と共有するこ とができたら嬉しいです。

研修の受け入れについて
新規就農に必要な技術と考え方を、基礎からきちんと学んで頂くことが出来ます。
研修は本人の取り組み方次第では、多くの宝物を持って帰ることが出来ます。
自然農法の生産者たちが長年にわたって積み上げてきた知識と技術を、当農苑の研修を通してたくさん盗んでいって下さい。

内容
1.土づくりの技術と考え方
2.自家採種の技術と考え方
3.米の栽培技術(乾田苗代、手植え一本植え含む)
4.麦、大豆の栽培技術
5.野菜(年間40~50品目)の栽培技術と作付け計画
6.畑の通気・通水の技術と考え方
7.マーケティング(収穫~梱包出荷の技術等)
※畑での実践だけでなく、定期的な座学を通しても知識を身に付けて頂きます。
・定員 7名
・期間 随時
・費用 なし
・食事 賄いなし 当農苑から食材(米、野菜)支給
・宿泊 アパート
・報酬 農の雇用制度利用による報酬可能

○当農苑は青年就農給付金の受け入れ農家に登録されています。





メールでの送信は、  tane@hashimoto-farm.net
FAXでの送信は、   
0736-33-0345

 

研修感想


■研修者名
今津祐一 (男性)
■感想
東京や徳島で、5年間独学で自然農や有機農業を自分なりに努力してやってきましたが、生計を立てていくことの難しさや、人為的に土を作ろうとすることに違和感を覚え、橋本自然農苑での研修を選びました。
徳島から近い範囲で研修先を探していたところ、栽培後の雑草をひとつの輪作体系に組み入れている橋本さんに共感し、橋本自然農苑で1年間研修をすることを決めました。
橋本自然農苑での毎日は、本当に学びの毎日でした。倉庫作業からトラクター作業まで、田畑に関する作町を一から十までいろいろと教えて頂きました。これまで5年間ひとりで考えてやってきたことの幾倍もの経験を積むことが出来ました。これも、ひとえに橋本さん、弓さん、社員の宮田さん、共に切磋琢磨した研修生の皆さんのおかげです。
本当にありがとうございました。(現在徳島で独立就農)


■研修者名
西村圭民 (男性)
■感想
初めて橋本さんとお会いし、橋本自然農苑に足を踏み入れた日のことを今でも覚えています。私が想像していた自然農法の圃場とは違い、広大な面積を営まれ、作付けされている畑は草管理され、お野菜たちがたくさん立派に逞しく育ち実っておりました。とても心地の良い場所で、何より橋本さんのお話(畑を紹介して下さりながら)が気持ちよく心にスウゥ~ッと入ってきまして、自分の地球愛、世界平和の想いととても近い、同じだとすごくうれしくなりました。
すぐに、ここで学び感じ習得したいと思いました。それから研修がスタートし、橋本さんの背中を見て、畑の様子を見て、夢中で日々を過ごし、気が付いたら、1年通しての流れを知り、更なる自身が生まれていました。座学でも、ここでしか学べないようなことを教わったり、他の全国の自然農法の生産者たちとの交流会があったりと、濃密な研修期間となりました。いまでも橋本自然農苑の圃場は大好きな場所です。
私は、2015年に晴れて、おかげさまで、この橋本市で新規就農することが出来ました。橋本自然農苑で培ったものを活かし、自然と人々が調和した新しい農業、心から身体から美味しく、健康で美味しい食というものを表現していきます。
橋本さんをはじめ、子供達、お手伝いに来られている方、共に学んできた研修生の皆、本当にありがとうございます。


■研修者名
北戸崇博 (男性)
■感想
研修前に市販の自然農法の本を片手に独学でチャレンジした時には、野菜が上手く育たなかっても、どうして上手く育たないのか分からないので、何をどう改善すれば良いのかが全く分からなかったのですが、研修を受けて、考え方を学んだことにより、改善の為の選択肢が出来ました。この違いが研修前後での1番の違いだと思います。有難うございました。


■研修者名
匿名 陳さん(台湾・女性)
■感想
橋本自然農苑での一年間、大自然と自分の対話に毎日たくさんの時間を費やしました。
自然農法の精神は単なる農業技術ではなく農業知識でもなく、“生活哲学”であることに気づきました。人類はもう一度大自然に学ぶべきだと思います。
大いに心を働かせて魂で感じる。社会の資本主義や功利主義にごまかされず、身体を使って耕すことで心と大地が繋がり、最も基本的な生存の意義をもう一度追求すべきです。
自然農法が私の心の扉を開けてくれたことに大変感謝しています。
私も自然農法を通して周りの人に幸せを広めたいと思います。


■研修者名
匿名 Oさん男性
■感想
橋本自然農苑は、単なる効率経営を目指している農苑ではなく、自然農法による経営を実践している農苑で、本研修では、自然農法による農作業体験を通じて、部分的ではあるが技術習得を図ることができた。
研修開始数日間は、足腰が痛むと共に背中も張ってきて体力的に非常にきつい状態であったが、一週間くらいで体も慣れてきてペース配分も掴めてきた。
そんなある日、一日の農作業が終わってふと周囲を見渡すと、夕日の差し込む田園風景がまさに絶景で、頬に伝わる風がとても爽やかで清々しい心地よさを感じることができた。
是非この自然美、心地よさを一人でも多くの人に味わって欲しい。
また自然農法は、単に無農薬無肥料栽培技術を指すのではなく、農業に取り組む姿勢や人としての生き方、思想の象徴であり、有機農法とは明らかに異なる。
現在の資本主義社会で、自然農法にて安定経営をしていくのは非常に大変なことだが、本農苑では見事に成立させている。
多様性を重視し、感謝する心がそれを可能にしているのではないかと感じている。
最後に短期間ではありましたが、非常に中身の濃い充実した生活を体験できたこと、そして様々な気づきの機会を与えていただいた 橋本様をはじめ本農苑に関わるすべての方に感謝申し上げます。