自然との対話

橋本自然農苑での一年間、大自然と自分の対話に毎日たくさんの時間を費やしました。
 自然農法の精神は単なる農業技術ではなく農業知識でもなく、“生活哲学”であることに気づきました。人類はもう一度大自然に学ぶべきだと思います。
 大いに心を働かせて魂で感じる。社会の資本主義や功利主義にごまかされず、身体を使って耕すことで心と大地が繋がり、最も基本的な生存の意義をもう一度追求すべきです。
 自然農法が私の心の扉を開けてくれたことに大変感謝しています。
 私も自然農法を通して周りの人に幸せを広めたいと思います。