多様性を重視し、感謝する心

橋本自然農苑は、単なる効率経営を目指している農苑ではなく、自然農法による経営を実践している農苑で、本研修では、自然農法による農作業体験を通じて、部分的ではあるが技術習得を図ることができた。
 研修開始数日間は、足腰が痛むと共に背中も張ってきて体力的に非常にきつい状態であったが、一週間くらいで体も慣れてきてペース配分も掴めてきた。
 そんなある日、一日の農作業が終わってふと周囲を見渡すと、夕日の差し込む田園風景がまさに絶景で、頬に伝わる風がとても爽やかで清々しい心地よさを感じることができた。
 是非この自然美、心地よさを一人でも多くの人に味わって欲しい。
 また自然農法は、単に無農薬無肥料栽培技術を指すのではなく、農業に取り組む姿勢や人としての生き方、思想の象徴であり、有機農法とは明らかに異なる。
 現在の資本主義社会で、自然農法にて安定経営をしていくのは非常に大変なことだが、本農苑では見事に成立させている。
 多様性を重視し、感謝する心がそれを可能にしているのではないかと感じている。
 最後に短期間ではありましたが、非常に中身の濃い充実した生活を体験できたこと、そして様々な気づきの機会を与えていただいた 橋本様をはじめ本農苑に関わるすべての方に感謝申し上げます。