奇跡の種

あなたは、奇跡を信じますか? 私の友人に、ある素晴らしい自然農法の生産者がいます。

彼は、いつも驚くような奇跡の体験を話してくれます。その中で、次のような事がありました。

 彼は、ハウスの中で毎年トマトを作っています。勿論、自家採種をした種で栽培しています。ある年、例年通りふつうの大玉トマトの苗を作って植えました。ところが、その中から今まで見たこともない調理用のトマトが突然現れたのです。1本ではなく、多くの株がそのようになったのです。大玉トマトと調理用のトマトでは、形質がずいぶん異なります。私は、そのお話を初めて聞いた時、手違いで調理用のトマトの種が混じってしまったのだろうと思いました。ところが、彼は、調理用のトマトは作ったことがなく、種が混入する可能性はないと言うのです。驚いたのはそれだけではなく、調理用のトマトが欲しいと念願していたら、そのような事が起こったと言うのです。しかも、これくらい欲しいと思っていたちょうどその数だけが突然現れたのです。そのトマトは、形や大きさが変わっただけでなく、味も確かに調理用のトマトなのです。

 農学者はこの話を聞いて、たまたまいいタイミングで突然変異が起こったのだと言うでしょうか。私もそんな奇跡のような事もあるのかと、にわかには受け入れられないものが心に残ったのでした。自分の畑で同じことを体験するまでは。

 スナップエンドウの中に、「オランダ」という大きいサイズの絹さやエンドウが突然現れたのです。まさにそのオランダを作りたくて、種を分けてもらえるように仲間の生産者にお願いしていたところ、残念ながら手に入らなかったのです。ちょうどそのタイミングで起こったこの出来事で、直感的に私は理解したのです。

 このような事は、奇跡ではなく人間の想念に植物が応えているに過ぎないのだと。私の願望がエンドウ豆のDNAの中から、オランダという性質を呼び覚ましたのです。私は、そのオランダから採種して種を増やし、とっても綺麗な色彩のその種を「奇跡の種」と呼ぶことにしました。奇跡ではないのに「奇跡の種」と呼ぶ理由は、人間の願望に植物が応えること自体が奇跡だと思うからです。

 大自然は、生命の現れです。生命は奇跡に満ち溢れています。動物も植物も、水も岩もすべてが生命の表れで、生命でないものは何一つありません。そして、すべての生命が相互に関連し合ってひとつの地球という生命が維持されています。我々は個々でありながら、ひとまとまりの生命体なのです。

 私の願望がオランダのDNAを引き出したように、私達が何を願うかによって世界の出来事が決まってきます。私達の選択次第で、地上は天国にもなり生き地獄にもなります。それは、私達人間の意志で決定できるのです。こんなに奇跡に満ちた美しい地球で、いつまでも豊かに平穏に暮らしたくはないですか?あなたは、何を選択しますか?どんな未来を願いますか?何を食べて、どんな生き方をすれば、全体の為になりますか?

橋本 進

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です