作物は記憶を持っている

 岡田茂吉師は、『すべては自然が教えている』と言いました。

 橋本自然農苑では、大根の種を9月の中旬頃に播きます。そして、12月には立派な大根に成長して、皆さんの食卓に上がります。その間およそ2カ月半。大根が成人になるまでには2カ月半かかるんですね。ところが、大根の一生はこれで終わりではありません。1月を過ぎ、2月の中旬を過ぎるころには、大根は子孫を残す為の準備に入ります。大根の葉の真ん中から茎を伸ばし始め、3月には美しい花を咲かせるのです。その美しい花は昆虫を招き寄せ、受粉を委ねるのです。やがて無数の種をつけ、大根は生涯の最も大切な仕事を終えるのです。人間が手を加えなければ、その種が地面に落ちるのは大体7月か8月になるでしょう。2月から始まった次の世代を残す営みは実に半年にも及びます。大根は自身の成長よりも、次世代を残す事にはるかに多くの時間を使うのです。このことは、人生にとってもおおいに教訓になります。

 また、こんな事もあります。作物の生育初期に水を切らしてしまうと、後でどんなに水やりなどのお世話をしてもダメな事があります。このような事から、幼少期の食事や教育が如何に大切であるかを大自然は教えているように思います。幼少期の食事は、その後の肉体と精神の成長に少なからず影響を与えると私は思っています。

 自然農法の食材が他のそれと決定的に違うのは、食材の持つ生命力であると言えます。人間の糧とは、食べ物のもつ霊気(生命力)だと岡田茂吉師は言いました。ハンガリーの物理学者、アーヴィン・ラズロ博士は、地球はひとつの生命体として、今までの何億年という歴史を記憶として宇宙の真空に蓄積していると言います。つまり、宇宙は記憶を持っていると。

 私は同じように、作物や種にも記憶があると信じています。生産者の朝起きてから寝るまでの想い、行動、生き方、愛情などが一本の大根を形作っていきます。つまり目に見えない履歴です。生産者の愛情がこもったお世話から生まれる作物の、清らかな霊気こそが、人間の正しい食べ物であり、人間を健康にしてくれます。
 作物の履歴を想いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です